« 「メトロポリタン プラザクラブ」ポイント付与終了 | トップページ | 梅の花の季節 »

2011年2月 9日 (水)

平成の大合併も一区切り

 昨年春を持って「平成の大合併」も一区切りしたようで。埼玉県のホームページにて、報告が出ていました。

埼玉県の市町村合併(『平成の大合併』の現状と課題)を取りまとめました(埼玉県公式サイト内)

 この中の「概要版」資料(PDF形式)をちょっと見てみましたが。

 ・市町村の数 92→64  ・村の数 11→1

 平成の大合併は県北・秩父地方が多かっただけに、近場では、国策合併となったさいたま市(大宮市・与野市・浦和市+岩槻市)をのぞけば、新・飯能市(旧飯能市・名栗村)やふじみ野市(上福岡市・大井町)くらいのイメージしかいないです。

 それでもこの数字を見て、改めてびっくりしました。まぁ、合併話が持ち上がってもご破算になったケースが多々あるんですけどね。近場では、入間市と狭山市、上福岡市・大井町(現ふじみ野市)+三芳町・富士見市、など…。

 ちなみに県内唯一の村は東秩父村です。

« 「メトロポリタン プラザクラブ」ポイント付与終了 | トップページ | 梅の花の季節 »

コメント

埼玉まだ村があったんだ!
東秩父村もとっくに秩父市と合併したと思ってたよ(^^;

合併につぐ合併で埼玉県の地名がどんどん消えていくのは
なんだか寂しいものがあるんだよねえ・・・
地元民としては大宮の地名がなくなったショックから始まり
人形の町岩槻の地名も消え・・・

合併って、住民にもメリットないし、結局一部の行政の都合なんだよね。

ひまのん さん>

コメント、いつもありがとうございます。

>埼玉まだ村があったんだ!
>東秩父村もとっくに秩父市と合併したと思ってたよ(^^;

私もびっくりでした。ただ調べてみると、山を境にして秩父郡の他の市町村よりは比企郡の市町村とのつながりが多いみたいですが、その比企郡の市町村との合併もうまくいかなかったようです。

>合併って、住民にもメリットないし、結局一部の行政の都合なんだよね。

合併した市町村の住民ではないので、想像でしか言えないのですが。

ますます高齢化が進み人口が減っていく日本では、小さな市町村では生き残っていけないと言うのは確かですが。。。ただ一方で、目に見えるメリットと言うのがわかりにくいのも事実なんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541127/50825558

この記事へのトラックバック一覧です: 平成の大合併も一区切り:

« 「メトロポリタン プラザクラブ」ポイント付与終了 | トップページ | 梅の花の季節 »