« 清瀬合唱祭 | トップページ | 七夕と言えば8月だろう!? »

2011年7月 5日 (火)

府中の森芸術劇場 20周年

 もうそんなに経つんだと思って、ちょっとびっくりでした。でもよくよく考えてみれば、私の大学時代に演奏会を聴きに行ったことがあるから、それは事実なんですよね。府中の森芸術劇場の公式サイトでも、リリースがありました。

~皆さまに感謝を込めて~(PDF形式)

 20周年に気づいたきっかけは、ソプラノ歌手・森麻季さんのブログ記事です。6月末の公演にご出演されたようで。
府中芸術の森20周年の公演と仲道さんとのデュオリサイタル(森 麻季 オフィシャル・ブログ)

6/26は府中の森芸術劇場の20周年を記念する公演で、飯森泰次郎マエストロ指揮、東京交響楽団の皆様、テノールの佐野成宏さんとともに、メモリアル・ガラ・コンサートに出演いたしました。

 そう言われてみれば、東京交響楽団の演奏会でもらったチラシに、府中の森での演奏会案内があったよう泣きがします。

 ちなみにこの公演は「どりーむコンサート 2011~2012 ラインナップ」として行われている物で、年間(年度)に4公演、在京オケを招聘してのシリーズ演奏会なんですね。

 20年前と言えば、1991年の開館。バブルの頃に建てられたホールは数多くありますが、充実したプログラムをこなすホールがある一方、結局はただの「貸し館」となってしまったホールも数多くあり。府中の森は、それぞれのホールの特性を生かした前者だと思っています。

 それまでのホールが多目的に作られていたのに対し、このころに造られたホールは、専用ホールも数多くあり。私個人としては、合唱の演奏会に適した、府中の森の「ウィーンホール」が大好きです。

« 清瀬合唱祭 | トップページ | 七夕と言えば8月だろう!? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541127/52124196

この記事へのトラックバック一覧です: 府中の森芸術劇場 20周年:

« 清瀬合唱祭 | トップページ | 七夕と言えば8月だろう!? »