« ライオンズ・クラシックの復刻版帽子 | トップページ | なでしこ・埼玉ダービー »

2011年7月30日 (土)

ヤマハ池袋&所沢 サマーフェスタ

 終了間際に池袋まで行って来ました。

ヤマハ池袋店&所沢ショップ 『Summer Festa』

6/4(土)~7/31(日)まで、ヤマハ池袋店とヤマハ所沢ショップで『Summer Festa』を開催!
音楽で元気になれる商品をたくさんご用意してお待ちしております♪

 7月入ってから一度所沢のヤマハへ行ったのだけど、楽譜・CDコーナーが縮小されてしまってめぼしい物も無く、そのときは何も買わず終いだったんですよね。今回はこの週末に都心部まで行く用事があり、池袋のヤマハを覗いてきました。

 池袋のヤマハも久しぶりだったのですが、楽譜・CDコーナーが少しだけ模様替えされていてびっくりでした。
2F 楽譜CD売場“プチ”リニューアル

 リーフレットを見ると、楽譜コーナーの奥の方が拡張されたようです。楽器系の楽譜の所だから、私はほとんど行かないところですが。。。(^^;) あとCDコーナーに大々的に(?)NAXOSのコーナーができていましたnote

 今回買ってきたのは、このCDと楽譜。
ヤマハ

 CDは、昨年の4月に東京芸術劇場での東響定期でも聞いた(そのときは抜粋版)、佐村河内守:交響曲第1番 HIROSHIMAです。今年の4月にパル多摩で、昨年4月と同じ指揮:大友直人、管弦楽:東京交響楽団での演奏です。CDについては、改めて記事を書くつもり。

 楽譜は、メンデルスゾーンの交響曲第2番『讃歌』(Lobgesang )。まぁこの楽譜を買ったのはいろいろ経緯があり。あと、下の写真は今回ヤマハで買ったのではないですが、メンデルスゾーンのCD(NAXOS)です。
ヤマハ

« ライオンズ・クラシックの復刻版帽子 | トップページ | なでしこ・埼玉ダービー »

コメント

佐村河内守、最近まで知らん人でした。

有名店でやたらプッシュされてたんで買ってみた。


スタートボタンオン、・・・・・・ん!
おっ!?なんかええでええで!!!と妻と興奮。
しまいにゃ黙り込む二人・・・・
音楽終了・・・・

なんやコレ凄過ぎやん!!!!!


とまあ我々夫妻にとっちゃ降って沸いたような天才音楽に狂気乱舞で喜び合ったわけです。


なんか変な文章でスマソ

被爆二世、全聾、天才et cetera・・・
売り文句に騙されまいと佐村河内守を避けてきた。


しかし、日本人作曲家作品としては史上初の快挙であるクラシック売り上げチャット大手CD店集計No.1。
これはただ事ではないと慌てて購入。

後は上の方と同様。


完全に白旗上げました。

いるんですね、本物の天才。

クラヲ夫妻 さん  APK さん>

 コメントありがとうございました、レスが遅くなり申し訳ございません。また、まとめレスでごめんなさい。

 私は昨年4月の東京交響楽団・芸術劇場シリーズで初めて"HIROSHIMA"を聴きました。

>被爆二世、全聾、天才et cetera・・・

 佐村河内守さんのプロフィールを見るとどうしてもこの言葉がつきまといますが、私自身、昨年の演奏会を「佐村河内守さん目当て」ではなく、あくまでも「東響目当て」で行ったのが良かったかも。純粋に大友さんと東響が奏でる演奏に引き込まれていきました。

 今回のCDも、同様です。本当は楽譜を買うのが目的で行ったヤマハで、たまたまCDコーナーを見てかったCD。音楽との出会いって、ほんとふとしたきっかけなのかもしれませんね。

佐村河内守のヨーツベで大友直人が「これはベルリンフィルでやったらお客さんが絶対喜ぶから!」と熱く語っていたので、購入・・まあスゲーの一言。同じヨーツベ内で吉松隆が「初めて同世代の作曲家に嫉妬を覚えたのが佐村河内守」と言っていたが、佐村河内守としては、明らかに格下の先輩にそう語られて苦笑いするしかなかったろう。佐村河内守の交響曲第一番《HIROSHIMA》は世界を席巻するに違いない。

永代さん>

コメントありがとうございました。

> 佐村河内守の交響曲第一番《HIROSHIMA》は世界を席巻するに違いない。

今を生きる作曲家だからこそ、我々もその場面に立ち会うことができるのですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541127/52353741

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハ池袋&所沢 サマーフェスタ:

« ライオンズ・クラシックの復刻版帽子 | トップページ | なでしこ・埼玉ダービー »