« 第1回所沢市議会政策討論会 | トップページ | 久々の「モツレク」 »

2012年1月28日 (土)

上手・下手

 「じょうず」「へた」ではありません、「かみて」「しもて」です!

 年明けから土曜日の午後は会社合唱団の練習。会社オケとの合同練習で舞台上での動きの説明があったのだけど、「上手・下手」の話があり、舞台経験の少ない団員が戸惑っていました。

 そう言えば先日の所沢での演奏会、裏方を手伝って下さった方々(チーフ以外は団員の息子さんたち)にもは「上手・下手」で理解してもらえず、結局は「舞台に向かって右側・左側」との表現で何とかなりました。

 「上手・下手」については、こんな標記もありました。
上手・下手(舞台・演劇用語)

この中でおもしろかった記述がいくつか。

現在でも舞台上に家を建てる場合は、下手に玄関を置くことが多くなっています。
 改めて思い返しいると、昔見ていた「8時だよ、全員集合」のコントは、玄関が下手でしたね。
ちなみに欧米では、舞台から客席を見る視点(俳優の目線)で表現するので、日本とは左右の表現が逆になります。
 これはこれで、根本的な文化の違いなんでしょうね。

 「舞台に向かって」を言うのが面倒だから「上手・下手」と無意識に使ってしまいますが、日常「上手・下手」を意識するのはあまり無いですよね。そんな「新たな発見」があった、この1ヶ月の出来事でした。

« 第1回所沢市議会政策討論会 | トップページ | 久々の「モツレク」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541127/53848284

この記事へのトラックバック一覧です: 上手・下手:

« 第1回所沢市議会政策討論会 | トップページ | 久々の「モツレク」 »