« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

2011年度・最終日

 今日3月31日は、2011年度最終日。年の変わり目とは異なる印象の年度末。ようやく1年が終わったというような感じです。

 震災直後の混乱で始まった2011年度。震災の影響で新年度の仕事がなかなかスタートできない状況でしたが、一方で、電力不足による夏の就業もどうなるか分からない状況だったことを思い出します。

 私のところは幸い、夏場の勤務地の変更や休日の振替などは無かったので助かりましたが、当然職場は節電モード。元々カジュアルOKの職場だったので、夏場はいつものクールビズ(半袖・ノータイ)からスーパー・クールビズ(ポロシャツ)に変更して、暑さへの対応をしました。

 そしてプライベートでは、所属合唱団の演奏会が昨年4月から今年の1月に延期となり、公私共々、震災の影響を受けた1年(特に上半期)でした。

 後半は、前半停滞していた仕事の反動と合唱関係でいつになく多忙となった半年でした。

 仕事は震災の影響で春先にペースダウンした分、秋から冬にかけてむちゃくちゃ忙しくなったし、合唱関係は「結果的に」とは言え、1月~2月に本番・3回という忙しさ。上半期の混乱・バタバタ含めて、最後の最後になって疲れがまとまってドッと出た1年ともなってしまいました。春先は、ただでさえ花粉症で辛くて体調崩しやすいのですが。。。

 明日からは新年度ですが、まずは体調不良を取り除きつつ、無理しない範囲でマイペースで仕事も合唱もやっていきたいと思います。

2012年3月28日 (水)

山下清「東海道五十三次」展@ミューズ

 先日、ミューズで開催中のミューズ主催企画展「心の風景 山下清 最後の大作「東海道五十三次」展」を見て来ました。

 「放浪画家」「裸の大将」とも呼ばれる山下清氏の作品は貼り絵のイメージが強かったのですが、今回のは版画とペン画がほとんど。遺作ともなったこの「東海道五十三次」、展示会での解説では「最終的には貼り絵にしたかった」とも書かれていましたが、緻密なドットで描かれたこれらの絵は、貼り絵でなくても十分に見応えがありました。

 ところで調べてみたら「山下清公式サイト」なるホームページがあるのを知りました。山下清作品管理事務局と山下清作品管理事務局が立ち上げた物のようですが、サイトを見てびっくりしたのが、「贋作に関する注意」なるページがあったことでした。

 ちなみに今回のミューズでの展示会は山下清作品管理事務局が協力しているため、この手の問題は無いはずです。

 どうしてもコンサートのイメージが強いミューズの主催公演ですが、年に2回春と秋に、今回のような展示会をしており、私も密かに楽しみにしています。この展示会の会期は今度の土曜日・3/31まで。残り少ないですが、ぜひミューズに出掛けてみて下さい。

2012年3月25日 (日)

東響演奏会「戴冠ミサ」

1332646018986.jpg
 前々から楽しみにしていた、東京交響楽団の演奏会、昨日、オペラシティに行って聴いて来ました。

 合唱は東響専属合唱団「東響コーラス」。東響コーラスによる合唱つき演奏会は、昨年5月のミューザ川崎「モーツァルト・マチネ」の「モツレク」以来。震災でミューザが被災したため、洗足学園での演奏会でした。

 今回の演奏会プログラムはこんな感じ。

J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV.1068
ハイドン:チェロ協奏曲 第1番 ハ長調 Hob.VIIb-1
モーツァルト:ミサ曲 K.317「戴冠ミサ」

 チェロ協奏曲の軽快なソロも素敵だったし、バッハの管弦楽組曲・2曲目は、有名な「G線上のアリア」の原曲です。普段はあまり管弦楽の曲には馴染みのない私、元々合唱目当てで行っても、こういった「掘り出し物」に出会えるのがやっぱりオケ主催演奏会の良さですね。

 「戴冠ミサ」は、自身歌ったことは無いですが、モーツァルトの宗教曲の中でも好きな曲の1曲です。昨年、アマチュア合唱団の演奏を聴きましたが、今回改めて「戴冠ミサ」を聴いて、自分も歌ってみたいなぁと思いました。時間的には30分くらい、今回の演奏会のようなステージ構成であれば、「会社のオケ・合唱団演奏会で歌えるかな?」とも思ってみたり。まずは、合唱団の役員さんに提案してみようかな?

 でもよくよく考えたら、ミサ曲は使う楽器も限られてくるので、オケは、かなりの「降り番」が発生してしまうはず。管(フルート、クラリネット、はまだしも、当時の慣例で宗教曲ではヴィオラを使わなかったから、「ヴィオラはすべて『降り番』」になってしまいます。う~ん、オケメンバーの理解を得られるだろうか…(苦笑)。

 ツイッタでつぶやいたこと、追記します。

改めて「戴冠ミサ」というか、モーツァルトのザルツ時代のミサ曲にヴィオラがなんで入っていないの?ってちょっと調べてみたら、ザルツの教会にヴィオラがなかったから?ってことは、ザルツで活躍した作曲家のミサ曲には、ヴィオラが入っていないの?継続調査してみたいです。

2012年3月24日 (土)

Suica・PASMOステーションタッチラリー

1332599577437.jpg
 Suica賞のボールペンがあたりました。クリアファイルは参加賞です。イベントの詳細はこちら

 スタンプラリーならぬタッチラリー、首都圏の各駅に設けられたタッチ端末、5駅(バス含む)分の「タッチ」で抽選できるのです。私はこれまでにすでに、所沢、立川、西武バスでタッチ。


1332645851851.jpg

今日、笹塚と渋谷でタッチして、ゴール地点である新宿(他に秋葉原がある)で抽選して、見事!?写真の商品があたった次第です。

 PASMO誕生、およびSuicaとの相互利用開始から5周年ですか。PASMO誕生時はまだ赤羽在勤だったので、それまで西武線(磁気定期券)とJR(モバイルSuica)で別々だった定期券は、結局モバイルSuicaにくっつけてしまいました。PASMOになったのは、会社の上福岡移転でJRを使わなくなってからだったかな?

 その後しばらくはPASMOの他、モバイルSuicaなど複数の電子マネーを「おさいふケータイ」で使っていましたが、フェリカ機能の無いiPhoneにする際、所持の電子マネーはPASMOに1本化してしまった次第です。まぁ今はあちこちのお店や自販機でSuica/PASMOが使えるようになったから、電子マネーも複数持たなくて良くなったからですが。

 ちなみにこのタッチラリー、参加会社すべてのタッチでできる抽選回数が増えたり認定証が交付されたりするようです。でも4/1までのあと1週間で達成する見込み(というか、千葉の方まで出掛ける機会)が無いので、それはあきらめました(^^;)。

2012年3月23日 (金)

県営大宮・初のデーゲーム

 現在はオープン戦の真っ最中で開幕まではもうしばらくありますが、早々と県営大宮での試合ネタを。

 2008年から何度と無く行われている県営大宮での公式戦、今年の4/14が初めてのデーゲーム。「大宮リミテッド」と題して行われます。

 本当は去年の4月にも県営大宮でのデーゲームが組まれていたはずだけど、震災による開幕の遅れで、試合自体が無くなってしまったように記憶しています。で、今年改めての県営大宮・初デーゲーム。

 トークショーには伊原元監督がいらっしゃるようですが、大宮区のカラー・オレンジ(アルディージャ・カラーとも言う?)をあしらった限定フラッグも良いかも。

 行ってはみたい物の、その日は会社合唱団の活動日だっ!(^^;)

2012年3月16日 (金)

とりあえず、活動継続決定

 先の土曜日、会社合唱団の演奏会後の反省会がありました。演奏会の会計報告がされ、「会計・黒字」「チケット売り上げ・目標比百何十%」。最近まれに聞く「景気の良い話」ということで、一同苦笑でしたが…(^^;)。

 で今後の活動、オケの意向も聞く必要があって決定的な指針は出ませんでしたが(今後継続協議)、4月からも月に2回のペースで活動を行っていくことが決まり、とりあえず一安心です。やっぱり一番気になっていたことは、「一度活動を休止すると、再開へのハードルがとてつもなく高くなること」。

 地元合唱団でもそうですが、演奏会前から次の演奏会へ向けた選曲などを行っていかないと、結局演奏会直後の大量退団につながり兼ねないと言う事実有り。これは会社合唱団でも、他の合唱団経験のある方々は、みな共通の認識を持っていたようです。

 まぁ当面は本番日程が決まらないのですが、いわゆる「愛唱曲」などを歌い込んで行くことで、合唱団の「基礎体力」をつけていくことができればよいなぁと思いました。

2012年3月 8日 (木)

新しい所沢駅

新しい所沢駅舎、本日オープンです。

 朝は3番線から2番線への乗り換えなので、新駅舎には入らず。帰りが1番線から4・5番線への乗り換えなので、早速偵察してきました。

 ホームから階段を上がると上はこんな感じ、天井が高いです。
1331216116400.jpg
1331216120687.jpg
 奥にある殺風景な壁は、2期工事エリアとの境目の壁。壁の向こうは今は何もありませんが、古い跨線橋を撤去後は、本川越・池袋方面へ降りる階段ができます。

1331216124537.jpg
 改札口の電光掲示板はディスプレイ式の最新版でした。今後はこれが標準になって行くんですかねえ?

1331216112130.jpg
 3番線の案内板、隠してあるところは副都心線~東横線との直通運転を睨んだ標記のようです。このスペースだと「・元町中華街」ではなく単に「・横浜」の様な気がする。。。

 まだまだ工事は進行中。新駅舎内、トモニー以外のエキナカはまだできていないし、トイレもありません。(なのでトイレは1番線にあるこれまでのトイレを使用しなきゃいけない)。それにそもそも新改札~東口の連絡階段や南口への連絡通路が完成しておらず、東口・南口へは駅南側の改札を使わなくては行けません。

 でも、ようやくの新しい駅舎、これからが楽しみです。

1331216129330.jpg
 西口へ降りる階段の処からワルツと駅前ロータリーを眺める。今までになかった眺めかも。。。

1331216132811.jpg
 今までの西口は閉鎖となりました。ここは元々、市役所出張所隣に移ったスタバが入っていたところ。旧改札後にはまたなにか新しい店舗が入るのでしょうか?

2012年3月 4日 (日)

高卒・20年

 1週間くらい前、某SNSで高校の同級生とやりとりしていて、改めて気づいたこと。今年が「高校卒業して20年」と言うこと。

 最近は「大学卒業して=社会人になって○年」という数え方の方が多かったから、計算すればその通りである事実にびっくりしてしまいました。そして、高校卒業までの人生よりその後の人生の方が長くなったことも(笑)。

 最近また、SNSなどで高校の同級生・クラスメイトとやりとりする機会が増えて、ようやく高校時代を懐かしむことができるようになったかも(って、単に歳食ってオヤヂになっただけという説もあるが…)。

 すぐに具体策が出るわけではないのだけど、クラスメイトやクラブの同期と会う機会を作ってみたいなぁとも思っていますが、歴史の浅い高校で同窓会組織も最近ようやく形ができてきたところ、実際どうなる事やら…。

 まぁ学年全体が対象というと大がかりすぎるので、まずは4人しかいなかったクラブの同期で集まる機会を作ってみたいかな?顧問の先生とは今も年賀状・暑中見舞いだけながらつながっているので、もちろん先生にも声をかけてみたいです。

 3年間同一クラスだった担任の先生とはすっかりごぶさたですが(^^;)。でもなぜか、副担任の先生とは今もつながっています。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »