« 桜 サクラ さくら | トップページ | 川越駅西口再開発 »

2012年4月 9日 (月)

パソコン買い換え NEC→hp

 と言っても私のパソコンではなく、父のパソコン。7年も!使っていたパソコンがいよいよ壊れたというので、土曜日、父と一緒に有楽町のビックカメラまで買い物に行ってきました。

 やることはメール、Webアクセス、年賀状作成(住所録)、Office(要・プリ・インストール)程度、地デジ・チューナーは不要(リビングで見る)、よって動画保存のための大容量HDDも不要、で予算が10万円程度とのこと。私だったら、ネットでメモリとかHDD、地デジ・チューナーの有無を個別にオーダーしながら注文してしまうのですが、父としてはやはり実物を見ながら比較したいとのことで、今回の買い物となりました。

 私も最近(ここ1年程度)のパソコン売れ筋は分かっていないし、店頭のパソコンを自分で見てみると言うことも無いので、事前に仕事帰り、川越のソフマップで下見をしてきました。そんなに規模の大きいお店ではなく、国内メーカ中心の品揃え(NEC、東芝、富士通など)だったのですが、やっぱり父の要求スペックに対してはオーバースペック気味。それにスペック的に「良いなぁ」と思っても、価格的に10万円を超えてしまいます。

 その中にあったhpのモデルが「スペック的にも価格的にも良いかなぁ」と思った次第です。

日本HP Omni 120PCシリーズ(日本HPサイト内)

 で土曜日。有楽町のビックカメラなら国内・海外(アメリカ、アジアメーカetc)もラインナップが増えるから、それらも含めて要求スペックに見合う物を探せば良いと思いましたが、やはりなかなかあう物が無い。。。国内メーカも10万円以下だとやはりモデルが限られてくるし、海外メーカ製のパソコンだとOfficeが別売りだったり、筐体がタワー型で場所をとったり、などなど。

 最後売場の奥の方に行ったら事前に下見したHPのパソコンもありました。店頭価格7万円程度、父に勧めてみたら父も納得とのことだったので、結局このモデルを買うことにしました。

 パソコンだけじゃなく、液晶テレビしかり、携帯電話・スマートフォンしかり、やはり日本メーカの製品は「あれも・これも」つけた「多機能」「ハイエンド」を売りにしているような印象で、その分価格も高くなっているようなイメージがあります。確かに「『ローエンド』での価格勝負だけでは、アジア・メーカに太刀打ちできない」と言うのも分かるけど、だからといって何でもかんでも「多機能」「ハイエンド」が、すべての人にとって本当によいのか?

 改めて考えさせられた週末でもありました。

« 桜 サクラ さくら | トップページ | 川越駅西口再開発 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541127/54427901

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン買い換え NEC→hp:

« 桜 サクラ さくら | トップページ | 川越駅西口再開発 »