« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月26日 (土)

季節は過ぎて

 ついこの間GWと思っていたら、もう5月も終盤ですね。若葉もすっかり青くなり、町中の植物の様子も変わってきました。

 初めの2枚は、近所の弁天池にて。蓮かと思ったけど、開花時期や羽の形から睡蓮のようです。(睡蓮と蓮の違いより)
1337954380151.jpg
1337954392736.jpg
 ここ弁天池の桜が咲き誇っていたのが、遠い昔のような感覚です。

 で、こっちはアジサイ。463バイパスの歩道に街路樹として?植えられているアジサイ。花がすでに色づいている木もありました。でもアジサイは、やっぱり雨が似合うんですよね。
1337954400113.jpg

餃子定食戦争

 近所のお店にて見かけたポスターと幟。

 ポスターは、日高屋の「W餃子定食」、幟は「リンガーハット」の「ぎょうざ定食」です。
1337955695387.jpg
1337955705752.jpg
 どっちも餃子が2人前使われています。更に日高屋には、唐揚げもついています!

 W餃子定食ですぐ頭に浮かぶのが、「ぎょうざの満洲」。ここも500円で大満足。満洲の場合は、餃子が2人前じゃなくて1人前のセットもあって、その日のハラの空き具合?にあわせて注文できるのも嬉しいですね。

 そう言えば行ったこと無いけど、餃子の王将にも、餃子定食の類はあるのかな?

 最近は牛丼戦争がニュースでも取り上げられますが、餃子も熱いと思います!!

 ちなみにこの写真は2~3日前に食べた、リンガーハットの定食です。
1337955715119.jpg
 元々ここは餃子が小さめだから、2人前餃子と言ってもペロリと食べてしまいました。

2012年5月21日 (月)

初めての一首@「下北沢大学」にて

 たぶん(学校の宿題~記憶にないが~を除く)。

「プラハ」より会場出れば昼下がり 魔法の音色に街が輝く

 昨日の演奏会後の感想ですnote。演奏会の後、下北沢で行われた「下北沢大学2012春 文化祭」「いりの舎短歌創作教室」なるワークショップで詠んでみたものです。

 大学卒業後に短歌を始めた合唱団の後輩が講師としてこのイベントに参加したので冷やかしに行ったのですが、たっぷり「ダメ出し」されて来ました(苦笑)。

 短歌は俳句と違って季語などの制約がないのですね。五七五=17文字の俳句に比べ、五七五七七=31文字の短歌。言いたいことを文字数にあわせて濃縮するという意味では、短歌の方が自分にとってはやりやすいかな?

 最近は合唱でも、詩のことを色々考えてみたりする自分。詩ではなく短歌が歌詞として採用される(合唱)曲もあるんですよね。古くは成田為三先生が明治天皇の歌に曲をつけた「とこしえに」。最近では、俵万智さんの「サラダ記念日」に林光さんが曲をつけた「コメディア・インサラータ」(リンク先はアマゾン)などもありますよね。

 歌詞となった詩や歌を朗読してみて、改めて詩や歌の良さを感じることもしばしば。最近は作詞者の詩集なども読んでみたりしています。合唱曲というとどうしても音楽に意識が行きがちですが、詩や歌の言葉も自分なりにかみ砕いてみたい、今日この頃です。

2012年5月20日 (日)

ミューザ川崎 モーツァルト・マチネ

1337559259482.jpg
 朝からモーツァルトを聴きに、川崎まで行ってきました。ミューザの復旧工事中のため、今年度のモーツァルト・マチネはNEC玉川ルネッサンスシティホールで開催されています。

 去年の5月行ったモーツァルト・マチネは、洗足学園の前田ホールでの開催。ミューザで演奏ができなくなってしまったのは残念だけど、ホールが変わったことで私のような新しい客層を取り込めることが、あえて言えば「不幸中の幸い」なのかな?

 さて今回のプログラムは、
4つの管弦楽のための協奏交響曲
交響曲第38番 ニ長調 K.504「プラハ」
でした。

 この演奏会を聴きに行かれた方のブログがあったので、途中紹介を交えながら、演奏会の感想などを。
スダーン=東響でモーツァルト・マチネ(めじの音楽日記)

休憩なしのミニ・コンサートという位置づけですが、 一回3,500円ですから、気軽に聴きにいけていいと思います。
 ほんとそうですね。東響の演奏会、学生券などを除くと安くても4~5千円@天井桟敷なので、本当にリーズナブルだと思います。

 休憩無しの前半「協奏交響曲」は、4種類の管楽器、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットによる協奏曲。協奏曲と言えばオケとソリスト1人の物が一般的ですが、ソリスト4人というのは初めて。

注目すべきは、何よりも、この曲の旋律の美しさでしょうね。 私は個人的には、モーツァルト以外にこんなに美しい曲を作った人はいない筈・・ と思っています。
 プログラムにも「偽作という説がありつつも」との記載がありましたが、曲の美しさは真偽ともかく素晴らしかったです。ソリストの方々によるアンサンブルも見ていて興味深かったですし、弦のピッチカートがみなさん本当に愉しそうに演奏されていました。

 後半はの「交響曲第38番『プラハ』」。モーツァルト晩年のオペラの旋律同様、こちらも愉しい音楽にあふれていました。

続くプラハ交響曲は、提示部だけでなく、各楽章とも後半の繰り返しも実行して、 随分長い演奏時間を掛けていました。

 「長いな」という印象はあったものの、だれることなく最後まで演奏されていましたね。指揮者とティンパニ奏者とのアイ・コンタクトも見ていて印象に残っています。こちらも奏者のみなさんが楽しみながら演奏されているのが、聞いている方にまで伝わってきて、わくわくするような演奏会でした。

 演奏会が終わった後の街路樹の緑がまぶしかったのは、愉しい演奏会だったことと無縁では無いとも思いました。

 ちなみにこのホールは元々NECの社内施設で一般への貸し館はしていないようです。でも向河原駅前の掲示板にあったポスターによると、NEC玉川吹奏楽団の定期演奏会ここでやるらしい。自前のホールがあってうらやましい!!

2012年5月19日 (土)

最近行った所

こっちも溜め込んでいたネタ・その2です。近場のネタばかりですが…。

 見ての通り、鉄道博物館です。去年の5月に次いで(ようやく)2回目の訪問です。
1337437522367.jpg

 今回のお目当てはこれ!
1337437529896.jpg
 企画展「東北・上越新幹線開業30周年記念展」が一番のお目当てでした。
1337437519062.jpg

 大宮から所用で足を伸ばした上尾。数年前に改築した上尾駅、その後降りるのはたぶん初めてです。旧中山道からは何回か見たけど。
1337437515094.jpg
 エキナカもあってびっくり。昔は桶川駅と「五十歩百歩」だったけど、だいぶ先に行かれました…。

 印刷博物館。
1337437512640.jpg
 年明けの演奏会で歌った「メンデルスゾーン 交響曲第2番『讃歌』」は、活版印刷を発明?したグーテンベルクの功績をたたえたもの。「讃歌」をきっかけにまたいってみたかったところです。ここには開館間もない頃に行って以来、行くのは2回目かな?古い時代の印刷は、良いか悪いかは別にして「信仰」と一緒にあったのですね、聖書とか免罪符とか…。

 以下はおまけ。

 その1:南国?でもその実体は、多摩地区某所です(笑)。
1337437509705.jpg

 その2:名古屋です。でも隣は東所沢駅です(爆)。
1337438472460.jpg

最近食べたもの

 ここのところ貯めていたネタ・その1。食べ物編です。まぁ、改まって珍しい物ではありませんが、前から気になっていたりとか、季節的にとか。。。

 まずは、山田うどんのパスタ。うどん屋さんのパスタメニューと言うことで、表の幟が気になっていました。
1337434831203.jpg
 食べたのはカルボナーラ、味はまずまずだったけど、麺が平打ち麺。。。うどんとは異なるパスタ麺を使っているようですが、フォークでは食べにくかったです。。。

 川越クレアモールにあった、東京チカラめしの焼き牛丼。
1337436332666.jpg
 吉野家の豚丼の牛バージョン?あまり見かけないお店ですが、新しいチェーン店なのかな?

 なか卯の胡麻だれざるうどん
1337434821980.jpg
 雰囲気的には、川島のすったて的な感じかな?最近は「さるの小盛」もOKみたいです。

 松屋のお好み豚しゃぶ定食
1337434828052.jpg
 店舗限定らしいです。。。たれは専用ではなく、焼き肉のたれやドレッシングをそのまま使うのは「ご愛敬」かな?さっぱりしていておいしかったです。

 で最後、これはミスドの冷麺。
1337436327392.jpg
 ミスドの飲茶・夏バージョン!冷しゃぶ豚野菜麺 ごまタレ。去年もあったかな?

 個人的には今年の夏のキーワード、冷しゃぶ胡麻だれのような気がします。

2012年5月14日 (月)

小手指駅前ツインタワー

 外観はほぼ完成かな?しばらく振りに小手指駅前に行ったらこんなになっていたので、びっくりしました。まぁ工事はだいぶ前からやっていたけどね。

1337000840682.jpg

 道路から見る限り、現在は1階の店舗部分の工事(ほぼ仕上げ?)と、駅とをつなぐペディストリアンデッキの工事をしていました。

1337000844805.jpg

 駅前のなか卯とか、また西友B館の大戸屋(現在、TSUTAYAがあるところ)が無くなってしまい、食事をできるところが減ってしまった小手指駅周辺。ツインタワーやデッキ周辺にどんなお店が入るのかが興味深いです。

2012年5月 4日 (金)

大倉山駅80周年

 今年は東急東横線の大倉山駅が太尾駅から改称されてから80周年だそうです。駅の中で、こんな写真展が行われていたのに気づきました。

1336140058260.jpg

 東横線開通時は地名をとって「太尾駅」と称されていた大倉山駅。その後1932年に、大倉精神文化研究所(今の大倉山記念館)ができてその丘が通称「大倉山」と呼ばれていたことにちなみ、駅も改称されました。それでも地名としての「大倉山」はながらく存在しなかったけど、近年、ようやく大倉山駅周辺の地名も正式に「太尾」から「大倉山」と改称されました。

1336140061396.jpg

 古い東横線の路線図には「太尾」と書かれています。これを見ると、隣の「綱島駅」はかつては「綱島温泉駅」と呼ばれていたんですね。

2012年5月 2日 (水)

川越丸広の屋上遊園地 & 大宮のデパートの思い出

1335931138247.jpg
 クレアモールの脇道から見上げると観覧車とモノレールの線路が見えました。なんで今まで気がつかなかったのだろう?ちなみに、写真を撮ったのは4月の半ばです。

 上福岡通いだしてからしばらくになるけど、普段は本川越~川越市の移動だし、本川越~川越の移動は買い物や食事でクレアモールに用があるときなので、クレアモールから1本、本川越よりの脇道を通る機会は少なく、明るいうちに通るのはもっと珍しいからなか?

 確かに以前、丸広の傍に住んでいた友人から「GWや夏休みは、『○○ショー』の大音響でたたき起こされる」と聞いた記憶はありますが、遊園地についてその友人から聞いたかどうかは記憶が定かではありません。

 その川越丸広の屋上遊園地が記事になったブログがあったので、紹介します。
懐かしい屋上遊園地 「丸広百貨店」(埼玉っぷ


まだあるのか遊園地!?
かれこれ十年ぶりにいっても、何も変わってなかった・・・。    あーよかった~

 この記事は2010年にアップされたものですが、1998年に川越店がリニューアルしたときにも遊園地は無くならなかったようですね。

 私が大宮に住んでいた30年以上前、大宮駅周辺のデパートにはたいてい屋上遊園地があり、母や祖母に連れて行ってもらった記憶があります。

 老舗の大宮中央デパート、西武百貨店(現・ロフト)、高島屋。中央デパートの観覧車と、西武のモノレールはかろうじて記憶しています高島屋は、う~ん…。そごうもできた当初は、観覧車などの大型遊具こそなかったものの、子供向けの遊具があったと思います。

 大宮市街地に住んでいたから、家族も含めてデパートは「ハレの日に行く」所ではなく、「日常的に行く」と言う所でした。ただ日常的に行くとは行っても、普段は母や祖母の「ウィンドウ・ショッピング」にくっついて行くばかりだったはずですが…(^^;)。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »