« 最近行った所 | トップページ | 初めての一首@「下北沢大学」にて »

2012年5月20日 (日)

ミューザ川崎 モーツァルト・マチネ

1337559259482.jpg
 朝からモーツァルトを聴きに、川崎まで行ってきました。ミューザの復旧工事中のため、今年度のモーツァルト・マチネはNEC玉川ルネッサンスシティホールで開催されています。

 去年の5月行ったモーツァルト・マチネは、洗足学園の前田ホールでの開催。ミューザで演奏ができなくなってしまったのは残念だけど、ホールが変わったことで私のような新しい客層を取り込めることが、あえて言えば「不幸中の幸い」なのかな?

 さて今回のプログラムは、
4つの管弦楽のための協奏交響曲
交響曲第38番 ニ長調 K.504「プラハ」
でした。

 この演奏会を聴きに行かれた方のブログがあったので、途中紹介を交えながら、演奏会の感想などを。
スダーン=東響でモーツァルト・マチネ(めじの音楽日記)

休憩なしのミニ・コンサートという位置づけですが、 一回3,500円ですから、気軽に聴きにいけていいと思います。
 ほんとそうですね。東響の演奏会、学生券などを除くと安くても4~5千円@天井桟敷なので、本当にリーズナブルだと思います。

 休憩無しの前半「協奏交響曲」は、4種類の管楽器、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットによる協奏曲。協奏曲と言えばオケとソリスト1人の物が一般的ですが、ソリスト4人というのは初めて。

注目すべきは、何よりも、この曲の旋律の美しさでしょうね。 私は個人的には、モーツァルト以外にこんなに美しい曲を作った人はいない筈・・ と思っています。
 プログラムにも「偽作という説がありつつも」との記載がありましたが、曲の美しさは真偽ともかく素晴らしかったです。ソリストの方々によるアンサンブルも見ていて興味深かったですし、弦のピッチカートがみなさん本当に愉しそうに演奏されていました。

 後半はの「交響曲第38番『プラハ』」。モーツァルト晩年のオペラの旋律同様、こちらも愉しい音楽にあふれていました。

続くプラハ交響曲は、提示部だけでなく、各楽章とも後半の繰り返しも実行して、 随分長い演奏時間を掛けていました。

 「長いな」という印象はあったものの、だれることなく最後まで演奏されていましたね。指揮者とティンパニ奏者とのアイ・コンタクトも見ていて印象に残っています。こちらも奏者のみなさんが楽しみながら演奏されているのが、聞いている方にまで伝わってきて、わくわくするような演奏会でした。

 演奏会が終わった後の街路樹の緑がまぶしかったのは、愉しい演奏会だったことと無縁では無いとも思いました。

 ちなみにこのホールは元々NECの社内施設で一般への貸し館はしていないようです。でも向河原駅前の掲示板にあったポスターによると、NEC玉川吹奏楽団の定期演奏会ここでやるらしい。自前のホールがあってうらやましい!!

« 最近行った所 | トップページ | 初めての一首@「下北沢大学」にて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541127/54762722

この記事へのトラックバック一覧です: ミューザ川崎 モーツァルト・マチネ:

« 最近行った所 | トップページ | 初めての一首@「下北沢大学」にて »