« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月24日 (日)

今後の合唱活動

 昨日、会社合唱団のミーティングがあり、地元合唱団と会社合唱団での来年3月までの自身の合唱活動が見えてきました。その結果、「年末の『第九』を更に割り込ませるのは無理」という結論。

 会社合唱団は会社オケとの兼ね合いもあるので、まだ後「調整中」という部分も多いんですが、すべてやると仮定すると、

10月:地元合唱団:市合唱祭
11月:会社合唱団:会社オケ団内発表会に合唱団も参加?(調整中)
11月:地元合唱団:地区文化祭
12月:会社合唱団:クリスマス・コンサート?(調整中)
2月:会社オケ・合唱団:定期演奏会
3月:地元合唱団:定期演奏会

 これで12月の第九とその練習入れたら、自分自身が破綻します。地元合唱団、定期演奏会と言っても年1回○月と決まっているわけではなく、その年によって開催時期がばらついたりするのがネックなんです。

 ここが夏場(6~8月くらい)で安定してくれれば、年間通して本番が良い塩梅にばらついてくれるんですけどね。この時期に必ず演奏会をやる団体に移籍するのも1つの手かもしれませんが。合唱の世界でもフリー・エイジェント制度ってないのかな(笑)?

2012年6月22日 (金)

しがらみがある訳じゃないんだけど…(笑)

 5月から多摩地区某所の常駐客先ではなく、上福岡の自社で仕事するようになった自分。で、この間久しぶりに社員食堂で会った同期(入社は同部署、その後お互い異動・転勤を経て、現在は部署こそ違えど同じ上福岡勤務)との会話です。

 その同期曰く、「上福岡に転勤になったのに、住所が所沢のままなのは何で?」とのこと。年賀状のやりとりはしているので、お互いの居住地は知っているのです。

 更には「合唱団があるから、所沢から引っ越せないの?」とも(笑)。所沢でずっと歌っていますが、「しがらみで引っ越せない」と言うわけではないです(^^;)。

 確かに、所沢の自宅から上福岡の職場まではドアtoドアで最低でも1時間半はかかります(乗り継ぎ悪いともっと)。東上線沿線に引っ越した方が確かに上福岡への通勤は楽ですよ。

 「客先が多摩地区に多いから」というのもあるけど、引っ越ししない一番の理由は、「所沢が好きだから」って事かな?所沢に越してきて10年以上で「生活のリズムを所沢基準で作っちゃたから」と言うのも確かだし、まぁ通える範囲だから「引越の必要性に迫られない」と言うのもあるけどね。

 今後、再度転勤になって片道2時間とかそれ以上の通勤時間になったら考えますが、「当分所沢から引っ越す気はありません!」ということを宣言しておきます!

2012年6月13日 (水)

iPhone 誤発信

 やってしまいました。。。胸ポケットに入れていたiPhoneからの誤発信が、電話番号登録していた相手にかかったようで。しかも、うち1件は相手の携帯にかかった→番号から発信元判明ということで、相方に迷惑をかけてしまいました。(他は、たぶん無言電話だけ?) ごめんなさい、と言うことで。

 調べてみたら、iPhoneのホームボタン長押しで誤発信されることが多々あるようで。そんな記事をリンク。

ロックしてるのに、iPhoneが勝手に発信する… ~音声コントロールやSiriによる誤動作を防げ(`・ω・´)ノ

『ロックしていたハズのiPhoneが勝手に電話を発信している!((((;゚Д゚))))
きょーふ!怪奇現象である!!』
と一人で怯えていました。

 ロック中なのに起こるというのが気に入らないです。この辺は、設計思想の問題なんですかね?

 ちょっと調べてみた限り、根本対策をするには結構手間がかかるようです。iOSのバージョンアップで改善されればよいのですが、実際は動なんでしょうか?

2,510円@大宮での飲み会帰りタクシー代

 6/9に大宮で行われた、高校時代の仲間の飲み会。その帰り、東所沢からタクシーで帰ってきました。

 いや、大宮から西所沢(下山口とは言わん!)・休日の終電は微妙なんですよね。武蔵野線の府中本町行きと東所沢行きの終電差分の関係で、西所沢まで帰れる終電は池袋まわり。しかも土日は西武池袋線の終電が平日より30分も繰り上がるし。。。

 と言うことで、「今回はもう『東所沢からタクシー』」と決めて、日付が変わる頃の解散まで飲んでいました。で、大宮~東所沢帰れる終電(24:30発)の1本前(24:14発)の京浜東北に乗り、南浦和乗り換えで東所沢まで乗車。東所沢駅では予想通り駅前ロータリーにたくさんのタクシーが止まっていて、待つことなくすぐに乗車して帰ってきました。

 その後ラーメン食べて、京浜東北の終電もなくなって、浦和まで歩いて帰った先輩もいたようですが。。。

 で、東所沢から自宅までのタクシー代が、今回のタイトルにある2,510円。実は「東所沢からタクシー」というのは過去に1回やったことがあるのですが、そのときは2,000円チョイだったような気が…。

 タクシー運賃が値上がりする前の話だったかな?赤羽在勤時代に休日出勤して、日付変わる前後にバタバタ。休日繰り上げの池袋線の終電に間に合わずに、南浦和~東所沢まわりで帰った時のお話です。

 9日の夜は雨天、西所沢まで帰って来ても「どうせタクれば710円取られるのだから」ということで、差分は1,000円ちょっとのつもりだったのですが。。。やっぱり数年前の値上げの影響でしょうかねぇ?

 次の集まりは、来年1月・年明け早々だそうですが、そのときどうするか(また東所沢からタクるか?、素直に池袋回って帰るか?)は改めて考えます。どうせ正月に実家帰省しているんだから「そのまま桶川帰ればよいだろう」という話もありますけどね(^^;)。

2012年6月 3日 (日)

東京ホームコーラス 第45回定期演奏会

Evernote_20120603_090154
 昨日は東京ホームコーラスの演奏会を聞きに、南青山まで出掛けてきました。今回のホールはなんと客席数105のアリストホール。団員数が20名ほどの小規模な合唱団と言うことを差し引いても小さいホールでした。でも指揮者の方が「今回はサロン・コンサートの雰囲気で演奏会をしたかった」とおっしゃっていたとおり、ステージと客席が一体となった、臨場感あふれる演奏会となりました。

 プログラムは2部構成。第1部は、全国の小中学校などでの音楽教室(演奏行脚)で歌う曲目を中心としたプログラム、私も学生時代から慣れ親しんだ曲の数々、一緒に口ずさみたくなりました。第1部最後は「ふるさとの四季」、基本各曲とも「リピート無し・1番だけ」でしたが、これもまた今年1月に歌った曲だけに嬉しかったです。

 後半の第2部はゲストにベーシスト金子健さんがリーダーを務める"Ken's trio"を招いたステージ。ジャズ・アレンジのスクリーン・ミュージックあり、武満徹あり。このステージのメインの曲は、キングス・シンガーズ・メンバーであったBob Chilcott作曲の"A Little Jazz Mass"かな?

 今回はジャズ・トリオ形式での伴奏でしたが、指揮者曰く「ジャズど真ん中ではない『ジャズ風のアレンジ』」とのこと。2004年初演の比較的新しい曲ですが、検索してみると国内の合唱団などでも演奏されているようですね。教会でのミサが現在は各国語で行われる現在、ラテン語のミサ曲は実用音楽ではない「芸術音楽」となってしまっていますが、いまなお、新しいミサ曲が作られていることにちょっと感動しました。

 で、これで最後かと思ったらもう3曲ほど演奏。フィナーレは Billy Strayhohn作曲のTake the "A" train 。これまたおなじみ「A列車で行こう」の合唱アレンジ版でした。そしてアンコールはジャズ伴奏による武満徹「小さな空」でした。

 しかし感心するのは、この手のジャズアレンジの合唱曲を良く発掘してくるなぁと言うことです。ホント、楽しい時間を過ごすことができて満足の1日でした。

 合唱の世界も嗜好が細分化している昨今、「邦人曲しか歌わない」「宗教曲しか歌わない」という団体・演奏会も増えています。でも私は、このように様々な曲を取り上げる「楽しい合唱」「楽しい演奏会」が大好きです。(それ故に、所属団体でも様々なジレンマがあるのだが…)。当然そのような演奏スタイルを掲げるにあたっての課題もあるのだが、やっぱり自分自身としては、様々は合唱曲にふれていきたい、歌っていきたい、とも思った1日でもありました。

メガネ新調しました

Evernote_20120603_090143
 先月、メガネを新調しました。今まで5年以上?使っていたメガネ、フレームは剥げたり錆びたり、またレンズもだいぶ痛んできたので。写真のメガネの他、PC作業用と言うことですこし度を弱くしたメガネ(会社に置きっぱなし)も作りました。

 メガネは今回上尾まで行って作ってきました。これまでは所沢市中心部にあったお店で作ってメンテもしてもらっていたのですが、去年くらいに閉店・上尾店と統合になってしまいました。関東圏に10店舗程度を持つ中堅のチェーン店ですが、池袋東武のメガネサロンにもなっているチェーンです。

 池袋で作っても良かったのですが(所沢で作る前はここでも作ったし、都心部出掛けた際などに今もメンテしてもらっている)、上尾の方が若干やすくなると言うことも伺い、上尾にて作ることに。そしたら店員さんには、所沢からわざわざ上尾まで来たこと、びっくりされ&感激されてしまいました。

 どうせ今は都心部までの定期券無いし(赤羽在勤時は仕事帰りに寄れた)、出掛けるついでに寄る・足伸ばすなら、都心行く際の池袋も、実家や大宮行く際の上尾も一緒なわけで。それに通勤で川越を通っているから、最近は上尾もそんなに遠くはないイメージ、かな?

 まぁ私も当初は、所沢の他メガネ店で作ることも考えたのですけどね(^^;)。でも、他の格安チェーンでも品質面・価格面(オプションで結局高くなる?)での心配事もあり、またそれ以上に、これまでのお店で良くしてもらったこともあって、これまでのお店(チェーン店)で作ることにした次第でした。

 ところで1~2年くらい前は太めのフレームが流行っていましたが、ここ最近の流行は細めに戻っているようですね。今回の上記写真のメガネは、色こそ違えど、全体的な雰囲気は今までと同じような物になりました。もう1つは、またちょっと違った印象ですけどね。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »