« 東京芸術劇場 新装オープン | トップページ | 蓄音機で聴くSPレコード鑑賞会 »

2012年9月15日 (土)

三樽チア

 タイトルは「余興」での一こまなので、その前の昼間の出来事から。

 先週の土曜日(9月8日)にルーヴル - DNPミュージアムラボにおいて行われた、社員とその家族を対象にした展覧イベント。そこで、会社のオケ・合唱団有志も演奏してきました。

 いつもはオケの演奏の一部(合唱付きの曲)として参加している合唱団ですが、今回はアンサンブル形式での発表。金管、木管、弦楽のアンサンブルと並んで、今回は初めて合唱団単独としての演奏でした。全体として45分程度のステージを午前・午後にそれぞれ1回ずつこなすという形式での発表でした。

 その中で合唱団としては、女声合唱、男声合唱、混声合唱をそれぞれ1曲ずつ、あわせても1回10分足らずのステージでしたが、合唱団としての新しい一歩となった1日でした。

 で本題の「三樽チア」。打上はイタリアンレストランにて行ったのですが、合唱団が誰からともなく歌い出し、私も1曲!歌ったのが、「三樽チア」でした。

 ※お店は貸切ではなかったのですが、最初のうちは他のお客さんがいらっしゃらず、好き放題?歌わせていただきました。だんだん合唱団のボルテージがあがり、幹事さん&お店の方にはご迷惑をおかけしてしまいましたが(^^;)。

 ちなみに「三樽チア」は、「サンタルチア」の替え歌として「黒田節」を歌うもの。で最後に「一樽、二樽、三樽チア」!とやるのです。1番は純粋にイタリア語で「サンタルチア」を歌い、2番として「替え歌」を歌うものです。余興として自身が歌うのは初めてだったのですが、結構インパクトがあったようです。

 このネタについて書かれたブログもあったので、紹介します。
「サンタルチア」と「黒田節」(西村一朗の地域居住談義)

これで何が面白かったかと言うと、
最後の締めで文句を替えて「これぞまことの黒田武士」というところを「一樽、二樽、三樽(サンタール)チア」とやって受けたのである。

やっぱりこの替え歌の肝はココなんですよね、酒と三樽を引っかけて「サンタルチア」に結びつけるところです!

 このネタ私はは、大学合唱団OB会長のおじさまから教えてもらった(と言うか、酒の席で歌って下さった)ネタで、いつかは自分でもやってみたいと思っていたのですが、ようやく実現することができました。

 打上の席でオケの方とも話をしたのですが、パッと歌えるというのがやっぱり合唱の一番の魅力であり、やめられない理由の1つでもあるんでしょうね。

« 東京芸術劇場 新装オープン | トップページ | 蓄音機で聴くSPレコード鑑賞会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541127/55666188

この記事へのトラックバック一覧です: 三樽チア:

« 東京芸術劇場 新装オープン | トップページ | 蓄音機で聴くSPレコード鑑賞会 »