« 桶川市民まつり・皇女和宮行列 | トップページ | モラージュ菖蒲 »

2012年11月13日 (火)

狭山市立博物館企画展「ジョンソン基地とハイドパーク~アメリカ文化に触れた頃~」

 稲荷山公園にある狭山市立博物館で行われている企画展「ジョンソン基地とハイドパーク~アメリカ文化に触れた頃~」を見てきました。

32

 今の航空自衛隊・入間基地は第2次世界大戦後に米軍に接収され、ジョンソン基地と呼ばれていました。また現在の稲荷山公園はハイドパークと呼ばれ、周辺も含めて米軍兵士とその家族のための住宅などが建っていたそうです。

 現在の稲荷山公園内、当時の建物はすべて撤去されてしまい、公園内の道路にある階段や車寄せから当時を忍ぶことできるのみです。今回の特別展は、そんなジョンソン基地とハイドパークの記憶を、多くの方の証言(インタビュー)とあわせて紹介するものでした。

 なお、下の2枚の写真は、今回の企画展にあわせて公開されているハウス2棟。公園・博物館から少し歩いたところにあります。公開は15時までだったので今回は中には入れず残念でした。(窓から中を眺めるだけ)

33
34

おまけ:博物館に置いてあった、瓶のコーラの自販機。これも、この企画展にあわせて置かれたようです。

35

« 桶川市民まつり・皇女和宮行列 | トップページ | モラージュ菖蒲 »

コメント

お久しぶりです。
この企画展、ご覧になられたのですねっ!
現在ではハウスは本当に数えるほどしか狭山市内にはなくなってしまいました。
公園内にも何軒かハウスが何年か前まではあったのに・・・。
公開されているハウス見学しましたが、博物館ボランティアの方々が随分手を入れられたということで、置いてある家具調度もハウスに合わせて配置され、興味深かったです。

rubiconeさん>

コメントありがとうございました。rubiconeさんは、ハウス見学されたのですね。
企画展は年明けまでやっているそうなので、また時間を見つけてハウス見学にも行ってみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541127/56106280

この記事へのトラックバック一覧です: 狭山市立博物館企画展「ジョンソン基地とハイドパーク~アメリカ文化に触れた頃~」:

« 桶川市民まつり・皇女和宮行列 | トップページ | モラージュ菖蒲 »