所沢

2016年7月19日 (火)

所沢混声合唱団第13回定期演奏会



 トココンの演奏会、無事に終了しました。昨年の8月にトココン復帰してから初めての演奏会、疲れたけど、充実した時間を過ごすことができました。本当にミューズのアークホールは素晴らしくて、歌い終えてしまうのが本当にもったいなくくらいでした。

 中でも水のいのちは自身3回目のステージ(混声2回、男声1回)でしたが、歌えば歌うほど奥が深い曲です。またしばらくしたら、歌いたくなっているのでしょう。

 実は、演奏会の直前に風邪をひいて喉の調子がイマイチだったのです。それでも、喉を保湿し、炎症を抑える薬を飲んで、なんとか喉を嗄らすことなく歌いきることができました。

最後になりましたが、演奏会にお越しいただいた皆様、ありがとうございました。

2016年6月19日 (日)

所沢メンネルコール演奏会




 昨日は所沢ミューズで、所沢メンネルコール(トコメン)の演奏会を聴いて来ました。第30回記念の定期演奏会、会場のアークホールは非開放のP席を除くとほぼ満席の客入り、メンネルコールの演奏会への期待がうかがえます。

 演奏会は、

1ステ:LISZT レクイエム
2ステ:昭和浪漫
3ステ:智恵子抄より
4ステ:トコメン思い出のうた

というステージ構成でした。

 私的な注目は第2ステージの昭和浪漫。
 もともとこれらの曲は、昨年創立90周年を迎えた東京リーダーターフェル1925(TLT)が90周年記念事業の1つとして昭和歌謡曲・全19曲を男声合唱版にアレンジしたもの。今回はそこから5曲(+アンコールで1曲)の抜粋でしたが、懐かしの昭和歌謡曲が蘇りました。

 第4ステージは、過去30回の定期演奏会を振り返る企画で、タダタケから歌謡曲までの5曲によるステージ。30年の重みを感じさせる演奏でした。

 30回記念演奏会にふさわしい、楽しく印象に残る演奏会でした。

2016年2月20日 (土)

甥っ子と過ごす所沢の休日

 桶川の親と義妹&甥っ子(今月いっぱい、実家に居候中)をつれて所沢を案内してきました。




 お昼前に親たちが所沢に着いたので、その足で近所のうどん屋さん「ぶんぶく」で昼食。手打ちの武蔵野うどんをごちそうしました。父曰く最近手打ちうどんを食べる機会は無いとのことで、手打ちうどんならではの食感も楽しんでもらえたようです。




 食事の後は、航空公園の航空発祥記念館へ。本当は西武園ゆうえんちに行こうと思っていたのですが、あいにくの雨なので、室内で楽しめるところということで航空発祥記念館を案内した次第です。甥っ子も、パイロットの制服を着て写真を撮ったり、フライトシミュレータで遊んだり(実際には義妹が手を添えていましたが)、楽しんでくれたようです。




 航空公園の後は、下富のいちご農園「所沢北田農園」へ。本当はいちご狩りをしたかったのですが、いちご狩りは午前中で終わってしまったとのことで、直売所にて朝摘みのいちごを買ってきました。今度はいちご狩りもしたいな。

 航空公園からの車の中で甥っ子が寝てしまったので、夕飯は食べずに解散しました。

 雨の一日でしたが、皆に楽しんでもらえたようで良かったです。

2015年10月24日 (土)

所沢ミューズで歌ってきました




 地元・所沢混声合唱団に復帰後初めての本番が、18日(日)に終了しました。所沢ミューズで行われた所沢市民合唱祭で、「水のいのち」から2曲を歌って来ました。

 会社の合唱団でサントリーホールで歌ったりもしたけれど、地元のホールでの本番はまた格別です。8分間という短い時間でしたが、ホールの響きを堪能出来ました。

 実はこの合唱祭、所沢混声合唱団として歌う前に「所沢市合唱連盟有志合唱団」として「ふるさとの四季」も歌ったのです。春の合唱講習会(私は不参加)で歌った「ふるさとの四季」再演とのことでしたが、男声が少ないからとのことで、私も一緒に歌うことになりました。

 私自身は4年程前にこの曲を歌ったのですが、ぶっつけ本番での演奏、ヒヤヒヤものでした。でも、これで舞台慣れ出来たからか、この後に行われた所沢混声合唱団の演奏では緊張せずに演奏できました。

 次回のミューズでの演奏は、来年7月の所沢混声合唱団定期演奏会、贅沢にも前日のゲネプロでもホールを使えるそうです。演奏会、今から楽しみです。

2015年9月21日 (月)

がん保険見直しました



 入社以来20年間ほったらかしにしていたアフラックのがん保険を見直しました。所沢駅にあるアフラックの店舗へ出向いて相談、これまでのがん保険は解約、同じアフラックの新しいがん保険に加入しました。

 20年前から比べるとがん治療の技術も進み、がんは不治の病ではありません。最近は入院をせずに通院でのがん治療もあるのだとか。それゆえがん保険も現在の医療技術にあわせて見直しがなされていそうです。

 現在のがん保険はその名も「新 生きるためのがん保険」、従来のがん保険にあった死亡保障が無くなり、その代わりに通院保障が手厚くなっています。

 まぁ、使う場面が無いにこしたことは無いですけどね。

 写真は今回の見直しに伴ってもらったグッズ。黒い方がインターネット予約で無料相談した際の「ブラックスワン」、白い方が成約の際の「スワン」です。スイッチを押すと、おしゃべりをしたり歌ったりします。

2014年11月23日 (日)

ブロンコス所沢開幕戦

 10/4に開幕したbjリーグ・埼玉ブロンコス戦もしばらくはさいたま市でのホームゲーム、11月も下旬になってようやく所沢開幕となりました。昨日の11/22は、会社合唱団の練習をお休みして所沢でのホームゲームを観戦してきました。

 昨シーズン5勝47敗と低迷したブロンコスですが、今シーズンも開幕後10試合を終えて0勝10敗といまだ勝ち星無しという苦しい展開が続いています。

 昨日は2Qを終えて44-38と6点リードで前半を折り返すも3Qで逆転を許し、結局は81-91での敗戦となりました。ただ負けはしたものの、最後まで競ったゲームをしてくれて、次へ繋がる敗戦となったと思います。

 久しぶりのbjリーグ観戦、チーム数も増えていることだし、と言うことでオフィシャルガイドブックを購入しました。北は青森から南は沖縄まで、全部で22チームがbjリーグに加盟しています。

 これらのチーム・プロフィールを見ていて気づいたのが試合会場となる体育館。ほとんどのチームがホームとする各都道府県会の体育館を複数使用。ホームゲーム26試合のうち同一体育館での試合が各数試合となっています。

 そう考えると、「地方扱い」春日部・行田を覗くとさいたまと所沢の2つの体育館をメインとして使用しているブロンコスは、それぞれの会場で10試合以上の開催となるわけで。ホームゲームの半分をさいたまに持って行かれるとしても尚、所沢でシーズン全体に渡って観戦できることはうれしい限りだなぁと思った次第です。







2014年10月28日 (火)

ランチポケット所沢



 掲載されているお店にてこのランチポケット所沢を提示すると、ランチをワンコイン(税込み500円)で食べられると言う本です。しかも各お店毎に最大3回まで利用可能という太っ腹ぶり。一冊980円也

 埼玉県内ではすでにランチポケット川越が発売されており、また同様の冊子としてランチパスポート(川越、さいたまetc)も発売されており、ようやく所沢での発売となった模様。

 このランチポケット所沢、1月末までの期日となっているのですが、だいたい3回行けば元がとれる勘定です。使い倒すぞぉ!

2014年8月 4日 (月)

アシックスウォーキング 新所沢パルコ



 日頃履いているウォーキング・シューズがダメになってきたので、土曜日に、新しく購入してきました。自動車を持っておらず日頃から徒歩移動の多い私なので、ウォーキング・シューズを愛用している次第。一応スーツの時用に革靴も持っているのだけど、職場がカジュアルOKなので、普段はウォーキングシューズ・オンリーです。

 ただ甲高幅広の足故に靴を選ぶに当たっては、いつも苦労している私。なので今回はいつもと違うお店へレッツゴー。前に中をうろうろして見つけたアシックスのウォーキングシューズ専門店アシックスウォーキング 新所沢パルコ」へ行ってみました。

 お店に行って最初にやったことjは、三次元計測器を使った足の各種寸法の測定。長さのみならず、幅や土踏まずの寸法なども計ることができます。

 その後、測定データを元に靴選び。最初見た目だけで選んだモデルだと細身過ぎてのタイプで私の足にはあわず、複数あるモデル中から自分の測定データにあった別のを提案してくれました。最後には中敷きも自分の足にあわせて調整してくれます。

 そのウォーキングシューズというのが写真にある物。普段履いているチノパンに合わせて、紺とベージュのモデルを2足購入しました。

 お店の人の対応もしっかりしていて、次回買うときはもちろん、中敷きの調整などでもまた訪れてみたいお店となりました。

 

2014年6月 8日 (日)

演奏会鑑賞も復活

 しばらく休養中だった演奏会鑑賞も復活見込み、6月7月は、聴きに行くor行きたい演奏会が目白押し。毎週末、どこかへ行くこととなりそうです。

 うち2回は所沢ミューズでの演奏会です。

06月15日:所沢メンネルコール第28回定期演奏会
06月29日:彩の国邦楽合奏団宙第11回宙コンサート

 前者はアークホールで、後者はキューブホールでの開催です。

 前者は地元の男声合唱団であり、知人も数多くいる所です。聴きに行くようになってからもう10年近くになりました。
 後者は、会社の後輩が所属していると言う縁もあって、5年くらい前から聴きに行くようになりました。

 いずれしても所沢が誇るミューズでの演奏会、今から楽しみです。

2014年1月 4日 (土)

休日急患当番医

 この連休中のインフルエンザでお世話になった休日急患当番医、所沢市のホームページに掲載されています。こちらをご覧下さい。

 多くの医院が休みになる日曜日・祝日プラス、今回のような正月休みなど、市の医師会が当番制で休日急患診療を行っています。


 今回の私の場合は、山口地区に当番医がありラッキーでした。タクシーで行っても1,000円弱の距離、朝一で行ったからかあまり混雑しておらず、インフルエンザの検査もあっという間に終わり(すぐ結果が出て)、1時間ほどで帰宅できました。

 ただ、私が帰る頃になると続々と患者さんがやってくるようになり、待合室の椅子も一杯になりつつありました。


 そう言えば5~6年前の正月休みに風邪をひいたとき(インフルエンザではない)、たまたまかかりつけの医院が当番にとなっていたため診察してもらおうと思って行ってみたことがありました。

 そうしたら、待合室は満杯で、椅子に座りきれず床にしゃがみ込む患者さん多数、しかもみんなとても辛そうで「こりゃだめだ」と帰ってきた記憶があります。

 後日、かかりつけ医院の通常診察日に行って当日の様子をうかがったら、本来17時までの診察時間を大きくオーバーして、20時くらいまで診察していたとのこと。当番医の数が限られるだけに、当番医に当たった医院のドクターは大変です。


 今回は1日どうだったのだろう。自分の体調が回復して、改めて、当番医の医院のドクターに「お疲れさまでした・ありがとうございました」と言いたいです。

より以前の記事一覧